MENU

【顔汗対策法】ツボ〜手術まで顔の汗を止める方法を徹底調査※顔専用の制汗剤も

暑い夏は汗をかくのが当たり前ですが、特に顔に汗をかきやすいのが悩みという人はいませんか?

顔汗はテカリやメイク崩れの原因にもなるため、女性にとっては特に大敵!

 

では、顔汗は主に何が原因でどうすれば改善することができるのでしょうか?

 

すぐ顔が赤くなって汗をかき始める・・・。これって病気!?原因は?

顔汗をかきやすいというだけでも大きな悩みになりますが、同時に顔が真っ赤になってしまう人も少なくないですよね?

 

実は私も顔が真っ赤になりやすく、額や小鼻などに大量の汗が出てきてしまうことが悩みです!
そもそも、なぜ顔が赤くなって顔汗が出てきてしまうのでしょうか?

 

原因1、心の動揺

恥ずかしいと思ったり、強い緊張を感じた時に顔が赤くなってしまったことがある人は多いでしょう。

 

これは緊張により交感神経が優位になってしまっていることが原因です。
交感神経とは、活動時・緊張時・ストレスを感じた時などに働く神経のこと。

 

交感神経が優位になると…

 

・血圧上昇
・瞳孔の開き
・唾液の分泌の低下
・呼吸が荒くなる
・汗腺の活発化
・脈拍の速まり

 

これらの症状が現れやすくなるといわれています。
つまり顔が赤くなるのは血圧の上昇が原因で、汗が出るのは汗腺が活発化しているからだといえるでしょう。

 

原因2、肌トラブル

毎日のスキンケアが間違っていると、赤ら顔を引き起こしやすくなります!
例えば、刺激が強すぎる化粧品を使っている・洗顔のし過ぎ・水分不足など。

 

原因3、乾燥肌やアトピーなどのアレルギー

乾燥肌やアトピーもちの人は、先天的に赤ら顔になりやすいといわれています。
顔汗は体にかく汗よりもベタつきやすいため、乾燥肌・アトピー肌の人にとっては大きなダメージに!

 

顔汗によってダメージを受けた肌はより荒れた状態になり、赤ら顔になりやすくなってしまうのです。
乾燥肌・アトピーの人の場合、顔汗と赤ら顔は密接な繋がりがあるといえるでしょう。

 

 

顔が赤くなって顔汗が出やすくなる原因は、精神的なものと肌のコンディショニングによるものがほとんど
ですから、「病気かも…」と心配する必要はありません♪

 

しかし!
皮膚疾患が原因で赤ら顔になってしまうこともあるので、「まだらに赤くなっている」「部分的に赤くなっている」などの場合は一度皮膚科を受診してみましょう。


 

顔汗を止める方法

赤ら顔や顔汗は人に気がつかれると結構恥ずかしいですよね!
特に顔汗は洋服に汗が染みてしまう前に止めたいものです。
そこで、顔汗はどうしたら止まるのかを調査してみました。

 

顔汗を止める方法@【音楽療法】

緊張やストレスなど、精神的なことが原因の発汗を「精神性発汗」といいます。
精神性発汗を止めるには、心身ともにリラックスすることが期待できる「音楽療法」がおすすめです♪

 

音楽療法には好きな音楽を聴く「受動的音楽療法」と、自分で歌ったり楽器を奏でる「能動的音楽療法」の2種類があります。

 

音楽は脳にα波という脳波を分泌させるため、緊張を和らげて顔汗を止める効果が期待できるのです☆

 

顔汗を止める方法A【ツボ】

顔汗は自律神経が乱れて交感神経が優位になってしまうと出やすくなります。
改善にはお金がかからずいつでもどこでもできる「ツボ押し」がおすすめ!

 

「顔汗には顔にあるツボを刺激すれば効果的なのでは?」と思いがちですが、顔のツボは鏡がないと位置がハッキリ分からないですよね?
ですから、ここでは手と足のツボを紹介していきます♪

 

復溜(ふくゆ)

 

ふくゆは両足の内側のくるぶしから指3本上にあるツボです。
体の熱を静めて汗をかきにくくしてくれます。

 

陰げき(いんげき)

 

手のひらを開いて上に向け、小指側の手首の付け根から約1センチ下にあるツボです。
体の熱を取る働きが期待できます。

 

合谷(ごうこく)

 

手の甲の親指と人差し指が合流するところ(Vの字になっているところ)にあるツボです。
少しくぼんで見えるのが合谷で、体の水分量や熱を調節してくれます。

 

労宮(ろうきゅう)

 

手のひらの真ん中にあるツボで、精神を整える働きがあります。
顔汗や火照り対策にも効果的です。

 

後谿(こけい)

 

こぶしを握って側面を見ると小指の横に感情線の淵がありますが、こけいはこの辺りにあります。
位置的には小指の付け根辺り。
顔汗を止めることが期待できるツボです。

 

 

ここでは顔汗を止めるために効果的な手足にあるツボを紹介しましたが、いずれも親指などを使ってグリグリと刺激してみましょう。

 

どのツボも簡単に押せる場所にあるので、ツボがある場所を忘れずに覚えておくと役に立ちそうですね☆


 

顔汗を止める方法B【冷やす】

汗は精神的なものだけではなく暑くても出てきますので、止めるためには冷やすことが効果的です。
これは顔汗だけに限らず前身の汗にいえること♪

 

とにかく暑くて汗が止まらない時は、水を入れて冷やしたペットボトルを首の後ろ・鎖骨の下・脇・太ももの付け根などにあてます。

 

冷たいペットボトルをあてただけでは汗を止める効果が期待できないのでは?と思いがちですが…
私も試してみたところ、流れ落ちていた汗がスーッと引きました!
ただ、冷やしたペットボトルを用意する手間がかかるというデメリットがあります。

 

顔汗を止める方法C【圧迫】

顔汗と圧迫は全く関係ないように感じますが…
これは京都の舞妓さんが汗をかかない理由に着目した方法で、かなり効果が期待できます!

 

どのように圧迫するのかというと、脇の下(乳首のちょっと上あたり)に100均などで売っている織ゴムをグルッと巻くように圧迫させて付けます。
ゴムは縫うなどして、ずれ落ちない程度の輪を作っておくとやりやすいですよ。

 

これは「半側発汗」という圧迫法で、体の片側に圧を加えることで反対側だけが汗をかきやすくなるというもの。
例えば脇の下辺りを圧迫すると、脇や顔などの汗を抑えることができるらしいのです…

 

ゴムを体に巻くとなるとますます暑くなるのでは?と、ちょっと心配になってしまいますね(笑)
しかし、物は試しなので私も一度試してみたいと思います!

 

顔汗を止める方法D【薬】

音楽療法やツボ押しなど、顔汗を止めるためにできることは試してみても改善されない場合は…
やむを得ず薬に頼るという手もあります。

 

抗コリン薬で顔汗を止める!その効果は?

 

「顔汗を止めたいなら抗コリン薬がいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

 

確かに抗コリン薬は多汗症の症状を抑えるために効果的ですが、「代償性発汗」という部分的な多汗症になってしまうおそれがあります。
例えば手汗を止める代わりに背中・お腹などに大量の汗がでてしまうなど。

 

また、抗コリン薬は代償性発汗以外にも便秘・めまい・頭痛・不眠・のどの渇きなどの副作用のおそれもあるため、抗コリン薬で顔汗を改善したい場合は医師に安全性を確認してからにしましょう。

 

精神安定剤で顔汗を止める!その効果は?

 

顔汗は緊張や強いストレスなど精神的な原因が多いため、「デパス」などの精神安定剤が効果的だといわれています☆

 

デパスは交感神経に作用し、緊張や不安を和らげる・抗うつ・睡眠作用・筋肉弛緩などに効果的で、国内では多くの医師や患者に支持されています。

 

デパスそのものに顔汗を止める効果はないのですが、精神安定効果で緊張や不安を和らげるために汗を抑えることが期待できるのです。

 

精神安定剤の中でも比較的副作用が少なく安心して服用することができるので、ひどい顔汗に悩んでいる人は心療内科でデパスを処方してもらうのもいいでしょう。

 

顔汗を止める方法E【手術】

顔汗や全身の汗の量が異常なほど多いと、日常生活に支障をきたしてしまうおそれがありますよね。

 

「いつまでも多汗症に悩まされているよりは完全に治る治療を受けたい!」と思う人には、交感神経を切除するという方法もあります。

 

「ETS手術」

 

ETS手術は最近は多汗症の治療として一般的に行われています。
手術のやり方は、全身麻酔をしてから内視鏡手術で胸部の交感神経を取り除きます。

 

この手術は胸部外科や呼吸器科で行われ、1時間程度で手術は終了します。
日帰りで入院の手間もなく、保険が適用されれば費用は10万円程度。
再発率も1~5%と極めて低く、多汗症をほぼ完治できる手術として注目されています♪

 

ただ、この手術を受けると部分的に大量に汗が出てしまう「代償性発汗」や、辛いものや熱いものを食べた時に汗が出やすくなる、「味覚性発汗」という副作用出やすくなるといわれています!

 

代償性発汗や味覚性発汗をできるだけ抑えるには、手術時の切除範囲を少なくすることが効果的だといわれています。

 

「超音波手術」

 

これは、超音波で汗腺を破壊して汗腺を吸引するという手術です。
1時間程度手術は終わり、日帰りで帰ることができます♪
費用は30万円程度で、超音波によるやけどなどの副作用の可能性があります。

 

超音波手術は保険適用外なので、費用が高額になってしまいます。
その割に100%汗腺を消滅できるとは限らないため、完璧さを求める人には満足感に欠けた結果になってしまうかもしれません。

 

女性の顔汗対策※ヨレないメイク術

顔汗は女性にとっては本当に大敵ですよね!
せっかく念入りにしたメイクも顔汗で台無しなんてことになり兼ねません。

 

「夏になったら顔汗によるメイク崩れは仕方ない」と諦めている人も多いと思いますが…
実は顔汗によるメイクのヨレを防ぐ方法があるのです☆

 

使用するものは顔用の制汗剤
制汗剤とは汗を減らすために使用する薬剤で、スプレータイプジェルタイプなど種類は実にさまざま。

 

中には美容成分を配合しているものや化粧下地として使用できるものもあり、顔汗を抑えながら美肌を目指すことができます。
制汗剤は夏のメイク時の必需品だといえるでしょう。

 

顔汗を止めるおすすめ制汗剤ベスト5

 

ここからは顔汗を止めるために効果的な制汗剤を紹介していきます♪
顔汗と顔汗によるメイク崩れに悩みたくないという人は特に注目してくださいね。

 

プレミアムデオヴィサージュ

プレミアムデオヴィサージュは、朝塗るだけで一日中顔汗をブロックすることができる制汗剤です♪

 

気になる配合成分は、毛穴を引き締めて顔汗をブロックさせるために効果的な「フェノールスルホン酸亜鉛」や、肌の殺菌・保湿に効果的な「シメン-5-オール」。

 

他にも美肌をサポートする5種類の天然植物成分を配合し、コーティング作用で汗や水をはじきやすくサラッとした使用感が持続します。
香りも強すぎない爽やかなミントの香り♪

 

また、6種類の添加物が無添加なので敏感肌や乾燥肌でも安心です。
顔汗だけではなく手汗・首汗・脇汗など全身の汗を止めるために効果的なので、夏は常に持ち歩きたいアイテムです。

 

サラフェプラス

サラフェプラスはモンドセレクションを受賞し、他にもさまざまな部門で1位を獲得しています。
顧客満足度はなんと97%以上!

 

人気の秘訣は、汗を抑えるために効果的な配合成分にあります。
有効成分の「フェノールスルホン酸亜鉛」の働きで毛穴を引き締めて、サポート成分である「セラミド」の働きで12種類の美容成分の浸透力がアップ☆

 

サラフェプラスは肌を整えながら汗を抑え、臭いやテカリを防ぐことができます!
さらに、安心の無添加処方で厳しい水準の国内工場で製造されているので高品質。
サラフェプラスを使用することで、一目瞭然の違いを実感できますよ。

 

ノエミュ

ノエミュは究極の顔汗対策処方で開発された制汗ジェルです♪
研究の結果、ノエミュを使用した場合最大41%もの汗をブロック!
顧客満足度は93%以上で、「顔汗が気にならなくなった」という声が多く寄せられています。

 

厚生労働省にも認められているノエミュの配合成分は、有効成分「フェノールスルホン酸亜鉛」や5種類の肌に優しい天然成分。
これらの成分の働きにより、毛穴を引き締めて皮脂のバランスを整えテカリなどの症状を抑えてくれます。

 

また、リラックス成分として「和漢シャクヤクエキス」を配合しているため、ストレスや緊張もケアすることが可能です♪

 

5種類の添加物が無添加で肌に優しく、医師も顔汗対策としておすすめしているノエミュなら顔汗の悩みを解決できる可能性が高いですよ☆

 

サラフェ ミスト

サラフェ ミストはひと吹きでベタつく汗をサラサラにしてくれる制汗ミストです♪
メイクの上からでも使用できるので、いつでもどこでも顔汗を止めることが可能!

 

汗を止める効果だけではなく、肌のキメを整える「カシヤ樹皮エキス」や乾燥による肌ダメージを防ぐ「ビターオレンジ果皮エキス」の働きで、美肌効果もバッチリ☆

 

持ち運びがしやすいミストタイプなので、「サラフェプラス」と併用するとより顔汗対策に効果的です。
もちろん日本製で、香料・着色料・鉱物油が無添加なので安心して使用することができますよ。

 

Primavista(プリマビスタ)

プリマビスタは化粧下地と制汗剤両方の効果が期待でき、ドラッグストアなどでも購入することができます。

 

6年間連続で化粧下地売り上げNo1を獲得し、化粧前に塗ることで皮脂や汗による化粧崩れを防ぐことが可能♪
「夕方になると小鼻のテカリがひどい!」、という人にピッタリの耐皮脂処方となっています。

 

保湿成分として「カミツレエキス」を配合しているので、顔汗による化粧崩れを防ぎながら潤いをキープしたい人にはおすすめですよ♪

 

こちらの記事もよく読まれています!

その場ですぐにできる対策

制汗剤で汗対策 ペットボトルで冷やして汗対策 ツボを押して汗対策

汗かきの体質を根本的に治療

手術で汗かき治療 薬・サプリで汗かき治療

部位別でみる汗かきの原因と汗を止める方法

顔・額の汗を止める 頭の汗を止める 背中の汗を止める
ワキの汗を止める 手の汗を止める デリケートゾーンの汗を止める

メイクが崩れないような対策

メイク崩れ 汗対策