MENU

持ち運びが便利な制汗スプレー!飛行機やバスの持ち込みはOK?爆発の危険性を調査

制汗剤にはスプレータイプがありますが、スプレー缶にはガスが含まれている場合がほとんどです。

 

このため、飛行機やバスなどの乗り物に持ち運ぶことができるのか心配になる人もいるはず。
そこで、スプレータイプの制汗剤と乗り物について危険性などを詳しく調べてみました。

 

夏の旅行に軽くて便利な制汗スプレーは必需品!バスへの持ち込みはOK?

スプレータイプの制汗剤は軽量で持ち運びがしやすいため、夏は何処へ行くにも持っていくという人が多いのではないでしょうか?

 

中にはスプレータイプの制汗剤を車内に放置しているような人もいるかもしれません。

 

 

自分の車の中に一つ制汗剤を常備しておきたい気持ちは分かりますが、スプレー缶を車内に放置して大丈夫なのでしょうか?


バスや自家用車の車中に制汗スプレーを置きっぱなしは大丈夫?

「夏はいつでも何処でも制汗剤が使えるようにしておきたい!」ということで、車の中にスプレータイプの制汗剤を置きっぱなしにしているそこのあなた!
その行為はとても危険です!

 

なぜなら、スプレー缶には「LPG」と呼ばれる可燃性ガスが使用されているものが多いため、超高温になる車内に置きっぱなしにすると破裂する恐れがあるからです。

 

真夏の窓を閉め切った車内は、ダッシュボードの温度が80度くらいまで上昇するといわれています。
そんな超高温の車内にガスを含んだスプレー缶を放置すれば危険なのは当たり前ですよね。

 

置きっぱなしにしなくても、80度くらいまで温度が上昇した車内にスプレータイプの制汗剤を持ち込むのも危険!
危険を回避するためには、ドアの開閉やエアコンなどで車内が35~55度くらいになるまで乗り込まないようにしましょう。

 

スプレータイプの制汗剤は軽量で場所もとらないので、車内放置ではなくいつもバッグに入れて持ち運ぶようにしましょうね♪

 

制汗スプレーは飛行機に持ち込める!?国内線と国際線の違いと条件

スプレー缶は飛行機に持ち込めないという噂を聞いたことがありますが…
これが本当だとしたら、汗かきの人は夏に海外などへ渡航するのが憂鬱になってしまいますよね!

 

そこで、スプレータイプの制汗剤は飛行機に持ち込めるのかどうかを詳しく調査してみました。

 

制汗スプレーは機内持ち込みOK?国内線と国際線の違い

 

飛行機は国内線と国際線で荷物の制限が異なっています。
これは客席数や荷物の重さや大きさによって条件が違い、「超過手荷物料金」を支払う必要がある場合があります。

 

また、以下のようなものは機内への持ち込みはもちろん預け入れも不可能となります。

 

 

・高圧ガスを含んだもの(消火器・カセットコンロなど)
・毒物(殺虫剤・農薬など)
・漂白剤
・オイルライター
・炭などの可燃性物質
・花火などの火薬類


 

ざっと持ち運びが不可能なものを見ると、可燃性のあるものがほとんどですね。
となると…
LPGガスを使用したスプレータイプの制汗剤も持ち運びができないと思い込みがちですが、飛行機にも持ち運べるスプレーがあるらしいのです!

 

制汗スプレーを機内に持ち込める条件とは?

飛行機には全てのスプレー缶が持ち運び不可というわけではなく、条件が合えば持ち運びがOKになります☆

 

どんな条件なのかというと…

 

1、制汗スプレー・ヘアスプレー・消臭スプレー・シェービングフォームなど、化粧品に類するもの

 

2、1容器あたり0.5kg以下で、一人2kgまで

 

3、日用品用やスポーツ用のスプレーで、引火性ガスや毒性ガスを使用していないものは預け入れのみ可

 

制汗剤は飛行機に持ち運ぶことができる条件に含まれていますね!
どんなに大きめの制汗剤でも0.5kgを超えるようなものはないので、どんなスプレータイプの制汗剤でも条件を満たしているということになります☆

 

ちなみに、同じスプレーでも工業用のスプレー缶は全て持ち運び・預け入れともに不可。
さすが空を飛ぶ乗り物はチェックが厳しいですね…

 

女性の手持ちのカバンにも邪魔にならない軽量のおすすめ制汗スプレーランキング

 

ここからは、カバンに入れて持ち歩いても邪魔にならないような軽量の制汗スプレーを紹介していきます♪
できるだけ重量を減らしたい人には必見です!

 

No1、Ag DEO24パウダースプレー

Ag DEO24パウダースプレーは高密着処方のパウダースプレーです。
肌に隙間なく届き、汗と臭いに対応してくれます。

 

殺菌成分に有効成分「イソプロピルメチルフェノール」を配合し、汗を抑える汗取りパッド効果を採用。
白く残らず、サラサラ感を長時間持続することができます。

 

5種類のフレグランスタイプと無香料タイプがあり、持ち運びには40g入りが便利☆
価格はオンラインショップで486円(税込)です。

 

No2、花王 8×4パウダースプレー

殺菌成分がしっかり付着し、汗の臭いを長時間抑えます。
自然由来の殺菌成分と消臭成分で安心!

 

舞い散りが少なく静音設計なので、無駄なく使用できて周囲への音を気にせずに使用できます。
7種類のフレグランスタイプと無香性タイプがあり、持ち運びに便利な50g入りもあります♪
価格はオープン価格ですが、50g入りはかなりプチプラですよ。

 

No3、Ban デオドラントパウダースプレー

ナノイオン微粒子が汗の臭いをしっかり吸着し、消臭効果がずっと長持ちします!
パウダー入りなので、使用直後からサラサラ

 

4つのデオドラントタイプと無香性タイプがあり、45gの持ち運びしやすいタイプもあります。
ドラッグストアやコンビニで購入できて、価格はオープン価格です。

 

男性の小さめバックにも入るメンズ用おすすめミニサイズ制汗スプレーランキング

 

次に、男性におすすめの持ち運びしやすい制汗スプレーを紹介します☆
男性は大きめのバッグはあまり持ち歩かないですよね?
そこでおすすめなのがミニサイズです。

 

No1、マンダム ハッピーデオドラントミスト

マンダム ハッピーデオドラントミストはじんわり汗や臭いを抑えて、涼しげなクールミントの香りも楽しめる制汗剤です。

 

2種類の有効成分を配合し、ボディミスト感覚で使うことができます。
80ml入りで容器が小さめなので、持ち運びにとても便利です♪
価格は612円(税込)です。

 

No2、Ag DEO24メンズデオドラントスプレー

Ag DEO24メンズデオドラントスプレーは、男性特有のアブラ・汗・臭いを徹底的にシャットアウトしてくれます!

 

臭いを発生させる雑菌の繁殖を防ぎ、加齢臭にも効果的
付けた瞬間からサラサラでクール感が長時間持続します。

 

3種類のフレグランスタイプと無香性タイプがあり、100g入りでやや小さめなので持ち運びがしやすいですよ♪
価格はオンラインショップで702円(税込)です。

 

No3、資生堂 シーブリーズスーパークールスプレー

シーブリーズスーパークールスプレーは、ひと吹きで全身が超クールになるスプレーです♪
サラサラ感が持続するデオドラント効果があるので、汗や臭いを抑えるためにも効果的。

 

殺菌成分である「イソプロピルメチルフェノール」を配合し、汗によるベタつきを冷感を感じながら抑えることができます。

 

香りも爽やかで、90g入りなので大きすぎず持ち運びにも便利です。
価格はオープン価格です。

 

こちらの記事もよく読まれています!

その場ですぐにできる対策

制汗剤で汗対策 ペットボトルで冷やして汗対策 ツボを押して汗対策

汗かきの体質を根本的に治療

手術で汗かき治療 薬・サプリで汗かき治療

部位別でみる汗かきの原因と汗を止める方法

顔・額の汗を止める 頭の汗を止める 背中の汗を止める
ワキの汗を止める 手の汗を止める デリケートゾーンの汗を止める

メイクが崩れないような対策

メイク崩れ 汗対策