ハッカ油でスースーひんやりさせる

夏の汗をとめるには、扇風機やエアコンやひんやりシートやいろんなアイテムはあるけれど、断然ハッカ油がオススメです。
ハッカ油は、スースーした香りと、肌につけたときのスーッとした清涼感で身体が冷たいと錯覚してくれますので、汗がとまり、暑い夏を涼しく過ごすための欠かせない一品です。

ハッカ油スプレーの作り方

汗6

  • スプレー容器を用意します。

香水用のスプレーか、エタノールOKと書かれたスプレー容器を買ってください。100円ショップにも売っています。

  • 水(水道水でもOK)100mlを入れて、無水エタノール5ml?10ml、ハッカ湯を5滴ほど入れます。

無水エタノールは、ハッカ油と水道水を混ぜるためのものですが、なければ無しでもOKです。その場合は、使う前に軽く振ってから使えば大丈夫です。

 

このハッカ油スプレーを体にふきかけたり、あらかじめ衣服にふきかけておきます。

汗6
その後、出かけると、歩いて汗をかくたびになんかスースーした香りと身体もどこかスースーするんです。
汗をかいたときも、このスプレーをデコルテやおなか、うでや脚などに吹きかけると、キーンとした冷たさで汗がとまります。
とくに、リンパ管が集中しているリンパ節をメインにふきかけると効率よく汗を止められます。
リンパ節は、鎖骨、膝裏のぷっくりしてるところ、耳の下?顎、太ももの付け根のそけい部、ひじの関節前側が大きいので、そこにふきかけると効率よくひんやり感が出ます。

 

しかし、あくまでも冷たさの「錯覚」です。

汗6
気温が暑くないわけでもないですし、体温も高いままなので、ハッカ油の錯覚に騙されないように注意してください。

熱中症にならないようにしっかりと水分補給はしてくださいね。

ハッカ油で、殺菌と消臭効果で汗のにおいが消えたり、虫除けにもなるので、汗止めとしてのスプレーだけではなく、消臭スプレーや虫除けスプレーとしても使える万能スプレーです。

 

 

ハッカ油でスースーひんやりさせる
夏場の3つの汗対策

 

汗を止める方法トップページ