体の外から冷やすことしかありません。

私は幼少のころから大変な汗かきです。そのため、私はいつも汗をかいているように思われています。
体型にもよるのですが、体の外から冷やすしかありません。
病院などで高熱が出た場合、頭を冷やすのではなく、わきの下や鼠蹊部に氷嚢を当てがいます。
それは、太い血管が流れているところであり、そこを冷やすことで体温を下げるの効果があるためです。

 

自宅に要る場合は氷を入れた袋や食品を買ったときについてくる保冷剤で十分です。

汗9
屋外に出る場合は急速保冷剤が役に立ちます。

たたくと中の薬剤がつぶれ、化学反応によって急冷されます。

食品用、直接触れるとよくありませんが、タオルなどに巻き、わきの下にはさむと体温が下がり、発汗が止まります。

 

発汗が多く、水分不足となりがちでどうしても冷たい飲みもを飲んでしまいます。

汗9
体の内部から冷やすことが効果的にも考えられますが、胃や腸に負担がかかり、お腹を下すなど急激な体温変化で体調を壊すことなりますので、一気に冷たいまま飲み干すことはしないようにしています。

先ほどの急速冷却剤を持ち合わせていない場合は冷たい飲料のPETボトルをまずはわきの下に当てて、体温を下げ、飲料の温度が少し上がった時点で飲むと水分不足も補えます。

急に汗を引かせたい気持ちはわかりますが、少しゆっくり下げるようにした方がいいです。

 

あと、以前では冷却効果のあるデオドラントスプレーがありましたが、最近では衣服に吹きかけるタイプのシャツクールをこれからの季節に使っています。

汗9

寝起きでまだ体温が高いとき、シャツクールをかけた衣服をまとうと一気に汗がひいていくことがわかります。

なかなか長持ちはしませんが、通勤を含む1時間程度は発汗が抑えられています。

 

これからの季節、私のような汗かきさんにはつらい時期ですが、いろんな知恵、商材を使って乗り切りたいです。

 

色々な物を併用して汗を止める真夏の対策
手作りミョウバン水で脇汗をストップ!
ハッカ油でスースーひんやりさせる
夏場の3つの汗対策

 

 

汗を止める方法トップページ